足に来る痛みの正体?【治療日記】

最近やっと暖かくなって外にお散歩も行きやすくなったもん

春の陽気になりつつあるっち。

そうえば、最近患者さんで左足全体が痛むというか、重いって言ってる患者さんがいたもん。どこが痛いって聞いても、どの辺がというより全体って言ってたもん。

どこか一か所って言うなら話は分かり易いでござるが、全体と言われると少々難儀なはなしでござるな。

いろいろな可能性が考えられるっちけど、具体的にここが痛いっていうわけじゃなければもしかして原因は足じゃなくてお尻や腰かもしれないっち。

お尻から出る神経【坐骨神経】

足が気になるのに、お尻ってどういう事もん?足が痛いのだったら、足に何か原因があるのかって思うもん

そうでござるな、普通の人ならば、そう思うのは当然でござる!

普通の人じゃなくて治療しているとりさるモンが一般の人と同じ認識だとこまるっち・・・・・,

なんでお尻が原因かもしれないかというと、お尻からは足の動作や感覚を伝えるための神経、坐骨神経が出ているっち。その坐骨神経が出ている場所がお尻っち。

坐骨神経!名前はよく聞くもん!腰痛の人とか、あと病院で坐骨神経痛って言われたって患者さんが言う事があるもん

それっち!坐骨神経って名前は割とよく使われる単語だと思うっち。でも坐骨神経に関して詳しく知っている人は医療系の人くらいで、一般の人はどいう場所にあるのかも知らないと思うっち。

そしてその座骨神経が、緊張したお尻の筋肉で圧迫されると違和感を足全体に感じることがあるっち。

今日は坐骨神経の場所がどこにあるのかを知ることで、足全体の痛みや違和感の原因がお尻かもしれないって事を伝えるっち

よろしくもん!

坐骨神経の走行

坐骨神経の場所としては、さっき言ったように分かりやすく出ている場所はお尻、そして足のかかとの方まで伸びてるっち

左足坐骨神経

写真は人体を後ろから見た図っち。左足は筋肉を外して神経が見える状態にしているっち。黄色くマーキングされているのが座骨神経っち

お尻からかかとの方まで伸びて、とっても長い神経もん!この神経がお尻で圧迫されると足に違和感が出ることもあるって事もんね。

そういうことっち。それじゃ、もう少しお尻のあたりを拡大した写真を見せるっち。

お尻の筋肉の隙間から座骨神経が出ているのが見えると思うっち。

筋肉の隙間がだいぶ狭いでござるな。

そうっち。とても狭い筋肉の隙間から座骨神経が出ているっち。だから少しお尻の筋肉が緊張しただけで割と簡単に座骨神経が圧迫されるっち。

少し角度を変えてみてみるっち

横から見た座骨神経と筋肉の位置関係っち。

横から見るとますます狭いところをぬって神経が出てきていることがわかるもん!

これでは、確かにこの筋肉が少し腫れたり浮腫んだりするだけで座骨神経は圧迫されるでござるな

お尻のこの部分で圧迫されると、足全体への痺れ感や違和感が出ることがあるっち。写真で見るとそうなりそうな理由がわかるっち。最後にその座骨神経の上下にある筋肉を外した写真をみせるっち。

筋肉を外すとわかるっちけど、骨盤の骨の中から座骨神経が出ているのが見えるっち。こうして座骨神経は骨盤からでて足の方まで伸びているっち。

結論!足に来る痛みの正体は座骨神経の圧迫により起きていることもある。

どうだったっち?足が痛い時、足に原因があるとは限らないという一例っち。

足が痛いとついつい足を疑ってしまうもんけど、こうやってどこに何があるかを知っていると、そのほかの可能性も疑うことができるって事もんね。

うむ、その視点はとても大切でござるな。勉強になったでござる!

そういうことっち。患者さんの話をしっかり聞いて、どういう状態なのかをしっかりリサーチして、原因がどこにあるのかを考えるっち。そして治療していく結果がどうなのかを見ていくことが大切ってことっちな。

わかったら、とりさるモンもしっかり解剖学の勉強をするっち!

とりあえず、今の話を聞いて頭がつかれたもんから一度おやつにするもん!

ちっちっち!全くとりさるモンはいつもこれっち!

おわり

なまえ鍼灸整骨治療の精霊とりさるモン

鍼灸整骨治療の精霊とりさるモン