腰痛の時にストレッチをするのは正解?【とりさるモンの治療日記】

僕たちの治療院で腰痛の治療のために通ってくれている患者さんがいるもん。

昨日来た患者さんっちな。それがどうしたっち?

その患者さんから相談を受けたもんけど、早く治すためにこれからストレッチをやっていきたいと思っているって言ってたもん。

でも痛みもあるし無理してするべきか迷っているって話だったもん。

腰痛治療の最中にストレッチをすると治りって早くなるもん?

ちっちっち!早く治したい患者さんとしては、確かに気になるところっち。

治療中のストレッチで気を付ける事。

治療と並行してヨガとか自分で軽くするストレッチとかは割と勧める治療家は多いと思うっち。

それじゃ、やっぱり腰痛の治療をしながらストレッチはいいって事もんね☆

早とちりするなっち!確かにストレッチやヨガをすると血液循環を良くしたりって効果が見込めるっち。でも、ストレッチのタイミングや強さに気を付けないと悪化してしまう事もあるっち。

悪化するもん??それは大変もん。どういう所に気を付ければいいもん?

まず、治療開始初期の段階ではストレッチもヨガもあまりやらない方がいいっち。というのも、大体治療院に来て治療を開始した時は痛みが強い時が多いっち。

痛みが強い時にストレッチをして筋肉を伸ばしてしまうと痛めている所にテンションがかかってしまって、壊れている所が余計壊れてしまうっち。

だから痛みがある時は無理せず、治療に専念する事が一番っち。

無理して動いてもいいことないって事もんね。

①痛みがある時は無理せずにストレッチ等の負荷をかけないように気を付ける。

痛みを早くとりたいって思うと何かやってないと落ち着かないっていう気持ちになるっち。

そうだと思うもん。と言う事はやっぱりストレッチはやらない方がいいって事もん?

ちっちっち、治療が進んで痛みが違和感になってきたくらいの時期なら軽いストレッチであれば大丈夫っち。

例えば足のふくらはぎ、もしくは肩甲骨や腕のストレッチとか患部への負担が少ない部分のストレッチであれば、腰痛が悪化する可能性も低いっち。

なるほどもん。もしストレッチをするのであれば、痛みが減ってきたタイミングがいいって事もんね。

そうっち、もしストレッチをするのであれば始めるタイミングを考えて行えば、再発防止と治癒の促進になるっち。

②ストレッチ開始は痛みがある程度引いてきてから行うと再発防止と治癒促進につながる。

腰痛の治療をしている時に同時にストレッチをしたら治りが早くなりそうに思うもんけど、そんなに単純な話じゃないって事もんね。

そういうことっち。腰痛の治療に合わせて単純にストレッチをやれば、痛みが早く引いたり治癒が促進されるわけじゃないと思うっち。むしろ慎重にやらないと、症状の悪化につながって治療が後退する事もあるから気を付けてやらないといけないっち。

分かったもん!今度患者さんに聞かれたときは、腰痛の治療と合わせて自分でストレッチをする時は慎重に判断をするように伝えるもん!

そしてもう一つ、もしストレッチをして痛みが増したりしたら無理せずに一旦安静にするっち!痛みが増しても続ける人がいるっちけど、これは悪化する危険があるから気を付けるっち

③ストレッチをしていて痛みが増したら、即座に中止。一旦安静に!

腰痛とか五十肩みたいな痛みがある時って、みんな早く治したいからいろいろとやりたくなる人が多いもん。

でもそういう時こそ何もせずにまずは治療に専念する事も大事って事が分かったもん!

時期がくれば合わせて自分でストレッチとかトレーニングをすれば治癒促進と再発防止になるっちから、その時までは焦らずじっくりと治していくといいっち!それじゃさっそく今話したことをノートにまとめて復習するっち!

・・・・

なんだか頭を使ったら甘いものが欲しくなったもん。おやつタイムにするもん!

おお、ちょうどよかたよ、とりさるモン先生。

いま新しいお菓子つくたところだから試食してみるよろし!

え、それはすぐに食べるもん!

さっきまでの話、お菓子食べた後も絶対わすれるなっちよ!

分かったもん!

まったく信用できないっち・・・・

おわり なまえ 鍼灸整骨治療の精霊とりさるモン

鍼灸整骨治療の精霊とりさるモン