2018/03/26 桜が咲いたもん!【とりさるモンの思い出日記】

今日の医世界の天気は晴れ、風もなくて本当にいいお天気だったもん

長い冬がやっと終わって、いっきに暖かくなって久しぶりにのんびりした気分になれたもん☆

今日は穏やかな日差しが世界を包み込んでくれていて、そのせいかみんなそれぞれの事をのんびりとこなしていたもん。

シンさんは普段使っているお料理の道具をお掃除して、もぐっさんは日向ぼっこしながらゾンビの本を読んでいたもん。

パルたんは相変わらず埃叩きでいろんなところの埃と花粉を払い落としてくれていたし、

ハリソン君は畳のお部屋で暖かな日差しに包まれながら瞑想をしていたもん。

僕はなんとなく暇だったもんから、ちっちくんと一緒に治療院の周りをうろうろしていたもん。

鍼灸整骨治療の精霊とりさるモン
『治療院の周りの桜もしっかり咲いてるもん☆これは皆と一緒にパーティーもん!』

チッチ君
『ちっちっち、桜は散り時が一番見ごろっち、もう少し待つっち』

って事で、お花見パーティはまだ先になりそうもん。

僕がお外をうろうろしていたら、みんなもなんとなく外に出てきたもん(笑)

電気治療器の精霊パルたん
『おほほほほほ、ご主人様が自主的に外にいるなんて珍しいです。桜散らしの雨が降らない事を祈ります』

日本の鍼の精霊ハリソン君
『おおお、すっかり桜が咲いているでござるな!昨日はまだそれほど咲いてなかったでござるが』

中国鍼の精霊シンさん
『奇麗ね、すっかり春きたね』

お灸の精霊もぐっさん
『少しつぼみがあるから、もう少しすれば満開だね☆』

治療院の前の桜の風景

なんだかんだ僕たちは、ばらばらの事をしていても、結局みんなつながっていて、誰かが何かをしようとすると集まってきて、最後はみんな一緒って感じがしたもん☆

小さなお花が沢山集まってすっごくきれいな桜の景色になるみたいに、僕たちもみんなが集まって初めて一つの大きな力になるって事を、桜を見ていて感じたもん☆

仲間がいるってそういう事だと思ったもん

おわり

なまえ鍼灸整骨治療の精霊とりさるモン

鍼灸整骨治療のゆるきゃら